ポイ活のうま味が減っていく楽天

ポイ活民にとっては多くの人が楽天のお世話になってきたと思う。
自分も気づけば累計で数十万ポイント(期間限定で捨てた分も多そうだけど)もらってたので、本当にお世話になってきたなあと実感したよ。

あ、今までもらったポイントは『楽天PointClub』のアプリで確認できるよ。

でも最近は苦戦する携帯事業の穴埋めのためにいろいろな面でサービスの改悪が目立ってきた。

楽天経済圏とも言われる、楽天のサービス群を利用することで買い物時にもらえるポイントが増えるSPU(スーパーポイントアッププログラム)のポイント率が軒並み下がっているのはそのいい例だよね。

さらに改悪の原因となっている携帯事業でも、0円プランを廃止したことで多くのユーザーが他社ブランドに移行していったのは周知の事実。

今まで1GBまで無料だったのが、今後は3GBまで1,078円になるわけだけど。

0円プラン廃止後も据置期間や楽天ポイントでの全額バック期間を設けたりしていたけど、それも10月で終了ということで、自分もサブブランドで0円利用してた口なので、まあつまるところ、楽天モバイルを解約したよ。

今回の解約でSPUも1%下がるわけだけど、正直毎月楽天で10万円も購入していないので、月々1,000円を楽天モバイルに払う意味がなかったのだ。

楽天モバイルの通信、音声品質がよわよわな現状で、楽天での毎月の買い物で10万円以上購入する人にしかメリットがないというのは、結構戦略的に厳しいんじゃないかなー。(もちろんギガをいっぱい使うヘビーユーザーには楽天モバイルは十分使えるけどね)

もし当初から0円でなく有料にしていれば、今回こんなに多くのユーザーが離れることはなかったんじゃないかな。

まあ当時、それこそ政府からの要請もあって、激安プランを引っ提げて鳴り物入りで携帯業界に乗り込もうとした矢先にその政府から梯子を外されたり(携帯業界全体安くしろー)と可愛そうな面もあるし、容量無制限で使えるのも魅力だから、回線一本に絞っても良いほど品質が向上すればまた戻ってきたいなーと思ってはいるよ。

そんなこんなで、サブブランドを楽天からpovoに切り替えました。
ウチは田舎だからギガ活はあんまりできないけどね。

なんか今までMNPしてきた中で、楽天→povoが一番スムースだったかも。